マーチャントブレインズ投資顧問の歴史や創業について

      2017/08/01

歴史の始まり

マーチャントブレインズ投資顧問の創業意図は現代の資産運用の簡略化が大きく関係しています。近年ではインターネット上に存在しているサービスの向上で難しい知識を必要としないシステムを使う事で、誰でも簡単に株式取引ができるようになりました。

それに加えてスマートフォンの取引専用アプリケーションの登場でいつでもどこでも株式の取引ができるという状況になり、資産運用の敷居は益々低くなってきました。この状況をさらに好転さようと専用のサービスを提供しようと取り組みを始めた事がマーチャントブレインズ投資顧問の歴史の始まりになっています。

最初の取り組みとは

まず最初の取り組みとしてインターネット上のサービスに存在する敷居を取り除く作業から開始しました。その一環として行われているのが投資家の間では有名な株式トレーダーの向後はるみを助言者として迎え、初心者にも分かりやすい宣伝活動として展開したのです。

勿論宣伝行為だけでなく向後はるみの助言者としての力は投資家の間の評判となっており、その理由は彼女が保有する輝かしい歴史に関係があります。向後はるみはただの株式トレーダーではなく株式に関する大会で複数回の優勝や準優勝したという歴史をもっており、その肩書に見合う株式の先見能力は人間としての能力を逸脱しているといわれている程よく当たるのです。

TRTM9323_TP_V

最近の向後はるみの助言の特徴は主に株式のジャンルについての言及が多く、複数のカテゴリーに所属している銘柄が買い時という理論を展開しています。近年の株式を発行している多くの企業は生産現場を海外に保有している事も多く、一つの会社で一つの商品を作成するという事がほとんどありません。

そのため一つの事業を展開させるのに複数の事業を展開する事も多く、この影響で商品を販売している企業の株式だけでなくその企業を支えている企業の株式にも影響がでているのです。

この点にマーチャントブレインズ投資顧問は注目しており、サービス利用者に有益なサービスとなっています。ただし株式の歴史からもわかる通り経済界だけでなく世界情勢でも大きく変化するのが株式なので、その変化に対応するべく必ず第三者の目は必要になってきます。

この様な理由から会社の創業を開始するようになり、今では投資顧問の企業としてはマーチャントブレインズ投資顧問は国内でも有数の良質なサービスを提供できる企業として成長を続けているのです。

 - 最近の投稿