マーチャントブレインズ投資顧問が行っている助言サービスの特徴とは

      2017/08/01

行って入る取り組みについて

マーチャントブレインズ投資顧問は株式投資を行う人向けに、有望銘柄の紹介と助言サービスを行っています。銘柄の選定に関しては、実践で経験を積んだ助言者が分析に取り組んでいます。

これまで利益を出してきた経験を元にしているので、リスクの少ない取引が可能となっています。ただし株式投資で大切なことは、どの銘柄を売買するのかではなく、どのような取り組みをするのかということになります。

つまり資金を一度に全てつぎ込むのか、それとも少しずつ買い進めていくのかといった技術が問われることになります。そこでマーチャントブレインズ投資顧問では、推奨銘柄をどのように保有するのか、あるいは利益確保を行うのかについて助言サービスをしています。

そこでも経験豊富な投資家が、自身の経験を元にしたアドバイスをしていることが特徴となります。取り引きに慣れないうちは感情に左右されやすいものです。含み損を抱えると、手仕舞いできずに塩漬けとなるケースも多く見られます。

損失を確定しなければ希望が持てるという心理が働くのが理由ですが、この場合には即座に決済して新たなポジションを建てることが必要です。

OOK160217210I9A9043_TP_V

そのようなアドバイスを助言サービスで行うことで、次第に取り引きに慣れていくわけです。このようにマーチャントブレインズ投資顧問は、あくまでも投資家の売買技術を向上させることを目的とした助言サービスに取り組んでいます。株式投資には損失はつきものですし、ある意味経費として割り切ることも必要と言えます。

その代わりに複数の銘柄を売買してリスクを分散するやり方に慣れることが大事です。この訓練は個人の投資家が独学で行うには難しいものです。けれども経験豊富な投資家が助言をすることで、安心感を得られることになります。

そして心理的には抵抗のある売買を行っても、次第にそれが習慣化して利益を出せるようになります。多くの投資家が損失を出すのは、この心理的プレッシャーに打ち勝てないことが理由と考えられます。損切りは早めに、安くなったところで少しずつ買い増しをするといった基本が、なかなかできないわけです。

そこで実際に利益を出している投資家の助言という形で説得力を持たせることで、正しい取り引きの習慣を身につけることができるようにしています。これはお金を出していることを自覚することで、真剣に取り組むようになるという傾向があるからです。

 - 最近の投稿