マーチャントブレインズ投資顧問の事業の特徴について

      2017/06/02

マーチャントブレインズ投資顧問は投資家に向けて有望株の情報提供を行っています。さらに有料サービスにより、その運用におけるアドバイスも行います。様々な相場環境の中で利益を出してきた実力者が、サービスを利用者に向けてお勧めの銘柄を紹介しています。選定した銘柄の紹介は無料で行っています。マーチャントブレインズ投資顧問の事業内容は、株式運用における情報提供です。これは、たとえ急騰が見込める有望株が分かったとしても、売買手法が伴わなければ利益を出すことができないことを背景にしています。マーチャントブレインズ投資顧問の取り組みは、投資家の売買技術を高めることにあります。

単に銘柄を紹介するだけでは利益は出せないと考えているからです。例えば素人が行いやすい間違いに、底値で一気に購入しようとすることが挙げられます。少しでも利益を大きくしようと、一回の購入で最安値を狙おうとするわけです。けれども株式売買で底値を狙うのは、非常に難しいものです。また株式売買で大事なことはリスク管理です。損失をいかに回避するかが利益を出せるかどうかのポイントになります。そのような視点に立って、マーチャントブレインズ投資顧問は事業展開しています。

投資家に情報提供するだけではなく、実際に利益を出してもらうというのが目指すべき特徴です。そのためには高度なテクニックが必要になりますし、銘柄の運用指南を行うためには有料によるサービス提供が必要と捉えています。また実践を積んだアナリストを採用するのも、どんな銘柄を購入するかではなく、どのように取り引きをするのかを学んで欲しいからです。売買のタイミングをどのように捉えるのか、豊富な経験を持つ投資家のアドバイスによって学べるようになります。

これが事業の要となり、有益な売買技法を広めることがマーチャントブレインズ投資顧問の事業の要と言えます。また素人が心理的に不得手とする損切りも、投資家のアドバイスを受けることで習慣化できると考えています。なお、運用のアドバイスは有料サービスで行っています。

 - 最近の投稿